目のたるみはパッチリ目の敵【整形で手に入れる理想の目元】

先生

短期決戦か傷跡残さないか

切開で短期間での解決を

先生

目のたるみを整形する方法として、眉のラインに沿って切開手術を行う方法が挙げられます。切開手術は、短期的にたるみを整形できる事が最大のメリットでしょう。保険適用が効くので、費用対策も容易な点も安心です。しかし傷跡が多少残ってしまうというデメリットもあります。ですが注意深く見なければ、傷跡は眉毛に隠れて見えません。この方法において最も注意が必要なのは、切開手術の主治医を選択する事です。目のたるみを整形するわけですから、切開手術が行えればいいというわけではないのです。出来上がりが満足いかない物であれば、傷跡が残り、目のたるみの整形が不十分と最悪の結果になってしまいます。整形の心得を持っており、自分の要望を正確に受け取れる主治医を選びましょう。

眼科下垂治療で傷跡残さず

眼科下垂とは、目のたるみの原因の一つです。目元の筋肉が弱まったため、充分に目が開かなくなるのです。これを解決するのが、眼科下垂治療によるたるみ整形です。針と糸を用いて目元を釣り上げ、自分の目で見ながらたるみ解消を目指します。自分でキチンと確認しながら整形を受けられるので、自分好みの仕上がりになりやすいメリットがあります。また目元を切り開く必要性が無いため、傷跡が残らない事も大きいです。仮に眼科下垂治療に満足いかずとも、もう一度気軽にたるみ整形に挑めるのです。ただし切開手術を行わない方法なので、保険適応外だというデメリットもあります。費用対策を考える必要性もあるため、利用するクリニックや医院とは費用面での相談も必要でしょう。